文字の大きさ

大掃除などでレースのカーテンを洗濯したら破れた経験はありませんか?
今回は、レースのカーテンが破れる原因や、予防方法についてご紹介します。

博士~! 年末の大掃除でレースのカーテンを洗濯したら破れちゃった...
ka-ten_1.JPG
これはひどい破れ方じゃのう...。原因を調べてみるのじゃ。
レースのカーテンは一番窓側に吊るすことが多いから、太陽の光を一番浴びるじゃろ。
そうだね。
太陽の光を一番浴びているということは、紫外線も一番浴びていることになるのじゃ。
実はカーテンが破れた原因は、太陽の光に含まれる紫外線の影響なのじゃよ。
えぇ!?
 
紫外線は繊維を劣化させる働きがあるのじゃよ。
だが、全部の繊維が劣化するわけではないのじゃ。
へぇ~~
どんな繊維が劣化するの?
繊維を知るために組成表示を確認するのじゃ。
組成表示というのは、繊維製品に使われている繊維の種類や割合を表示したものじゃ。
カーテンの裾やカーテンフック付近の内側に縫付けられるケアラベルに書かれているのじゃが、あるかのう?
あった!
ラベルにはレーヨンと書いてある。
レーヨンは絹のような艶や光沢があったり、綺麗な発色をする特徴があるのじゃ。
だがな欠点もあっての、長期間紫外線に当たると劣化してボロボロになったり、シワになりやすかったり水に濡れると破れやすくなるのじゃ。
今回破れたカーテンはレーヨンでできていたので破れてしまったのじゃよ。
へぇ~~
レーヨン以外にも綿や麻も紫外線で破れることがあるのじゃよ。
これはどうしても避けることができない現象なのじゃ。
「レーヨンや綿や麻のカーテンは、長期間紫外線にあたると劣化して破れることがある」と覚えておくのじゃよ。
うん。分かった!
カーテンを買う時は値段とデザインしか見てなかったけど、今度からどんな繊維が使用されているのか意識してみるよ。
ただ、今回みたいにカーテンがまた破れるのは嫌だから、紫外線に強い繊維ってあるの?
そうじゃなー。比較的紫外線に強い繊維としては、ポリエステルやアクリル等があるぞ。
そうなんだ!やっぱ強い繊維はあるんだね。
次に買う時は、ポリエステルやアクリルが繊維に使われているか確認してから購入してみるよ!

紫外線により日焼けや破れが起きることがあります

カーテンは長年吊り下げたままにしてあるため、日光(紫外線)が当ることにより、色あせや破損が生じることがあります。日光を遮ることも使用目的の一つであり、色の変化や破損はある程度やむを得ないものです。
もっと詳しく知りたい方は
「カーテンのトラブルについて」