循環型社会を目指して | 東京都クリーニング生活衛生同業組合は最新のクリーニング技術やサービスを追求し、お客様に新たなサービス価値を提供します。

東京都クリーニング生活衛生同業組合の組合員専用サイト(ログイン)

循環型社会を目指して

文字の大きさ

循環型社会が構築し難い現状

衣服を含む繊維業界におけるリサイクルの現状をご存知ですか?
日本では衣料品の廃棄物排出量は、年間約100万トンと言われています。しかし、リサイクルされるのはそのうちの10%程度に過ぎず、ほとんどがゴミとして燃やされています。
ペットボトルなどのリサイクルが進む中、何故衣服のリサイクルは進まないのでしょうか。
このページでは、繊維及び衣服の循環型社会作りにおける課題を紹介しています。

衣類のリデュース

繊維産業における循環型社会の構築には、生産・流通・消費・回収・再商品化の各段階それぞれが、3Rに向けた役割を果たす必要があります。つまり、わたしたち消費者も積極的に出来ることからはじめることがとても重要になります。
このページでは、循環型社会の構築に向けての具体的な取り組み方の中でも、消費段階におけるリデュースについて紹介します。

衣類のリユースを見直す

クリーニング店と聞くと、衣類を洗って仕上げてくれるお店のイメージが強いですが、実は衣類の補修や補正やお直しをしてくれるお店も意外に多いのをご存知ですか?また、バッグや靴、かばんなども修理修繕出来るお店なども増えているようです。
このページでは、主なクリーニング店で行われている衣類のリユース術とも言える補修やお直しサービスについて紹介します。

家庭洗濯で落ちない汚れについて

去年買ったシャツが、黄ばんでしまった!去年買ったブラウスにシミが!
衣替えなどで、久しぶりに夏服を衣装ケースなどから出してみると…黄ばみやシミが!なんて経験はありませんか?とりあえず、洗濯してみてもイマイチ汚れが落ちない…。あなたならどうしますか?
このページでは家庭洗濯で落ちない汚れについて解説します。