衣服を保管する | 東京都クリーニング生活衛生同業組合は最新のクリーニング技術やサービスを追求し、お客様に新たなサービス価値を提供します。

東京都クリーニング生活衛生同業組合の組合員専用サイト(ログイン)

衣服を保管する

文字の大きさ

防虫対策

一般家庭には衣類を食べて成長する害虫がいます。特に、外出時等で衣類に虫の卵を産みつけられ、その卵がタンスやクローゼットの中でふ化して虫食いを受けるケースが多いです。
このページではそのような虫食い被害を防止し、衣服を長く楽しむための防虫対策について紹介します。

クリーニング利用後にやること

クリーニング店に品物を預け、受取りを済ました後、まず何をしていますか?
もしかしたら、何もせずにクローゼットなどへ収納していませんか?
このページでは、クリーニングを利用した後に必要なことをまとめて紹介します。

衣服の紫外線対策

sigaisen_1.jpg
夏になると紫外線の量が増え、肌に「日焼け」を引き起こしたり、眼の角膜に炎症を起こしたりするなどから、人体にかかわる紫外線対策が注目されます。
ところが、紫外線の影響は人体の健康被害だけでなく、衣服やその他様々な分野にも大きな影響を及ぼすことをご存知ですか?
このページでは、紫外線と衣服の関係について紹介します。

「衣替え」の意味を知ろう 

koromogae.gif
近年、ファッションの楽しみ方が多様化し『衣替え』を行わない人が増えているそうです。
ところが、『衣替え』は気持ち良い衣生活を過ごすうえで、やはり必要なのは言うまでもありません。
このページでは、何故『衣替え』が必要なのか?について紹介します。

カビの防止術!

kabi.jpg毎年衣替えの時期に悩むのが、クリーニングに出すタイミング。
温かい日が続いて「もう平気かな」と思ってクリーニングに出すと、数日後また真冬の寒さに戻ったり…。
そんなはっきりしない季節の中「クリーニングに出したけど寒いからまた着よう」というように、クリーニングした衣服で再び数日間着用し、再びクリーニングすることなくクローゼットなどに保管していませんか?
衣服は1度でも着用すれば必ず汚れが付着しています。そして、その汚れが原因で次に着ようと思った時にはカビが発生していたりなど…。
このページでは、衣類のカビについて紹介します。

夏物の「仕舞い洗い」について

「衣替え」という言葉は知っていても「仕舞い洗い」という言葉をご存知でない方が多いのではないでしょうか?日常生活の中で繰り返される洗たくとは異なり、シーズンが終わった衣服を長期間収納する前に行われる「洗たく・クリーニング」という生活行動です。
このページでは夏物の「仕舞い洗い」について紹介します。

クリーニングを早めに引き取りに行くメリットとは

一般的に、クリーニング品をお店に出し終えると、宅配サービスを利用していなければ数日後仕上がった品物を引き取りに行かなければなりません。しかし、衣替え時期になると特に今すぐ必要でないことから、ついつい先延ばしにしてしまう方も多いようですが、もちろんクリーニング品は早めに引き取りに行くことをお薦めします。
そこでこのページでは、何故クリーニングした品物は早めに引き取りに行くほうが良いのか?について解説します。